へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

想像力はVRに勝てるか!?『名古屋・しだみ古墳群』

 

気温をぐんぐんあげていく青空のもと、珍しく活力あふれる体をたずさえて、へなちょこフリーターが何をしていたかというと …… 古代人の墓を見上げていた。

 

f:id:tomokusa_mei:20190531210205p:image

この日の最高気温は36度。角度のきつい日差しは熱線と化す。UVカット素材の生地をやすやすとつらぬいて、肌を焼く。

 

熱い、痛い、熱い、痛い …… なんだか苦しい気もしてきた。どうどう巡りする単純思考の渦にまかれながら、自分自身に問いかける。ーー わたしはいったい何をやっているんだ …… 。

 

冷感素材のグレーのタンクトップが肌に貼りつく。平坦な道を進んでいても、自然と息が切れてくる。午後の日差しに焼かれるアスファルトを走るのはシルバーやグレーの自動車ばかりで、原始的な二足歩行に頼っている人間は、自分くらいのものだった。

 

汗腺のない、犬や猫たちの気持ちがちょっとだけわかるような気がした。身体の機能を上回る外気温は、立ちはだかる壁に似ている。上昇する一方の心拍数に心折られないように、ペットボトルに口をつけた ーー。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1400年の歴史 " しだみ古墳群 "

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20190526175059j:image

➡︎ 10:00 、古墳めぐりはここからスタート ! 大塚志段味古墳。この時点では、東谷山に登ってみたいなあという、ざっくりとした希望だけ。行き当たりばったりは危険とわかりつつ、やめられないんだよな……( 過去の過ちから学ばないタイプ )。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175052j:image

➡︎ 大塚・大久手古墳群の周囲は公園として整備されている。お弁当をひろげてのんびりするのに最適 ( ただし暑くなければの話 )  。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175112j:image

➡︎ しだみ古墳群ミュージアム ( 通称・しだみゅー ) 。受付で200円を支払い、有料の展示コーナーを鑑賞。少々物足りない気はしたが、古墳を堅苦しいものとして遠ざけないための努力としては成功してんのかな?

 

f:id:tomokusa_mei:20190526183041j:image

➡︎ 10:50、本格的に志段味地区の散策をスタートさせる。頼りは、しだみゅーで手に入れた2つのマップ。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175108j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175117j:image

➡︎ 11:50 、白鳥塚古墳に到着。志段味古墳群でいちばん最初に作られた、はじまりの古墳。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175215j:image

➡︎ かつての白鳥塚古墳は白い石英で覆われ、庄内川の対岸からも日の光を受けて輝いていたそうな。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175251j:image

➡︎ ひたすら東谷山フルーツパーク沿いを歩いていく。あそこに見えているのが、これから山頂を目指す東谷山だ ! ( 読み方は " とうごくさん " 。つい最近まで " ひがしたにやま " だと思ってた )

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175247j:image

➡︎ 11:40、東谷山散策路入り口に到着。3つの古墳を見学しつつ、標高198mの山頂まで登っていく。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175229j:image

➡︎ 道は結構細い。登山者が多いと、すれ違いや追い越しに気を遣って疲れてしまいそうだ。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175238j:image

➡︎ 11:50 、1ヶ所目・南社古墳。古墳上にある小さな社は、山頂にある尾張部神社の末社らしい。大人でも寝そべれる大きめのベンチがあったので、ありがたく腰掛けて体力を回復する。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175225j:image

➡︎ 東谷山登山、一番の難所、急勾配に140段の階段。すれ違う人が誰もいないので、自分のペースでゆっくり進む。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175256j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175221j:image

➡︎ 2カ所目・中社古墳。東谷山の尾根に沿って作られてるっぽい。上の社に参る元気はなかった … 。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175232j:image

➡︎ 古代人はどんな気持ちで石を敷きつめていたのだろう。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526190102j:image

➡︎ 12:15 、休憩時間含め35分で東谷山登頂成功 ! 

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175241j:image

➡︎ 古墳の上に建っている尾張部神社に参拝。扁額が瀬戸物でできている。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175454j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175527j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526171603j:image

➡︎ 神社横の展望台の上からは名古屋の街、その向こうに広がる鈴鹿山脈を視認できた。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175519j:image

➡︎ 写真中央に見えているのは、おそらく名古屋駅のビル群と思われる。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175530j:image

➡︎ ここで、アプリ『GO ! GO ! しだみ古墳群』をダウンロード。東谷山の展望台でアプリを起動させると、なんと1400年前の景色を360度・VRで体感できるのだ ! まずは東谷山・西側の風景(上:1400年前、下:現在)。

f:id:tomokusa_mei:20190526175500j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526175506j:image

➡︎ つづいて、尾張部神社側の風景(上:1400年前、下:現在)。

f:id:tomokusa_mei:20190526175511j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191759j:image

➡︎ 山頂・東側からの景色。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191753j:image

➡︎ 神社・東側の道を通って、裏の広場へ。絶対無理だろうけど、ここにテント張ったら気持ち良さそう。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191808j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191909j:image

➡︎ 13:00 、下山開始。散策路に比べて、道がなだらか。登るにもこちらの道を使った方がよいやも。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191922j:image

➡︎ 道がなだらかなので、周りを見渡す余裕がある。東谷山には鳥やタヌキだくでなく、リスもいるらしい。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191837j:image

➡︎ 古墳巡りを開始して3時間が経過。盛られた土が、すべて古墳に見えてくる病気にかかる。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191853j:image

➡︎ イノシシを捕らえる用であろう檻を2つ見かけた。『イノシシに注意』の看板も。どうやって気をつければいいのか …… 鈴か ? 熊鈴なのか ?

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191817j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191827j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191744j:image

➡︎ 13:20 、林道を抜け、個性豊かな家が立ち並ぶ、高級 ( ? ) 住宅地に突入。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526194842j:image

➡︎ いい坂道です。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526191901j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192116j:image

➡︎ 13:30時、東谷山白鳥古墳に到着。古墳内に作られた横穴式石室を見学する。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192022j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192029j:image

➡︎ 13:45 、東谷白鳥古墳側・東谷橋を渡り、庄内川の河原に降りる。( へなちょこフリーターは、水音を聞かないと死ぬ病気をわずらっている ) 。道なき堤防を滑り降り、ほうほうの体で水辺へ。

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192040j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192133j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192109j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192047j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192123j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192142j:image

➡︎ スシローで、遅めの昼ごはんで古墳めぐりはフィニッシュ ! 

 

f:id:tomokusa_mei:20190526192033j:image

➡︎ 約4時間、炎天下を歩き通した。冷房の効いた室内に入るも、頭の熱がなかなか取れない。帽子だけでは、真夏日の日差しには到底勝てないらしい …… 結論 『 日傘 + 帽子内に保冷剤、などを組み合わせないと、35度越えの屋外を安全に歩くのは非常に危険! 』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

人生における大体の問題は、ストレスを排除すれば解決するのだーー

 

今回の古墳めぐりでは、それを証明するかのように、無心にひたすら、歩きに歩いた。

 

軽い熱中症にかかったものの、歩くこと自体は難なくできた。これは本当に自分自身の体なんだろうか? そう不思議に思わずにはいられなかった。

 

やりたいのにできない。体が思うように動かない。歳のせいだろうか、才能がないんだろうか、そもそも本当はやりたいと思ってないんじゃないか……耳なれた理由を思い浮かべて、諦めてしまうその前に、自分はストレスに押しつぶされそうになっていないか、考えてみてほしい。

 

10分間立っていられず、半分寝たきりで泣いていた三十路は、嫌なひと・ことから距離を置くことを覚えて、今は元気に1万歩歩けてます。

 

ノンストレス生活、さいこー!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● しだみ古墳群ミュージアム

 〒463-0001 愛知県名古屋市守山区上志段味前山 大字 上志段味字前山1367