へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

10000歩散歩

f:id:tomokusa_mei:20190505082321j:image

体を動かしたい ーー 内からのとつとつとした衝動に従って、布団から起きあがる。買ったばかりの黒のサコッシュに、水を入れたボトルと財布、ポケットにはウォークマン代わりのiPhone 。気に入りのスニーカーを突っかけて、玄関を出た。

f:id:tomokusa_mei:20190505193048j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082211j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082204j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082215j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082245j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082252j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082256j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082241j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082249j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082238j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082332j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082315j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082328j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082324j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082340j:image

f:id:tomokusa_mei:20190505082336j:image

あちこちの生垣で、白い花弁をほころばせているのはジャスミンだ。その芳香は、臭いわけではないが、かといって、いい匂いかと聞かれれば返事に困ってしまう、と言えばなんとなく伝わるかなあ?  とにかく、ジャスミン茶の爽やかな喉越しとは、記憶のもやいがうまく結びつかない代物なのです。


どこかの誰かが草ひきに精を出しでもしたのか、夕方のぬるい空気には青くさい匂いも混じっていた。角をおとしてすっかりまろくなった風が、けらけら笑いながら、わたしを置いてけぼりにする。親しみをこめた触れ方をするくせに、お前に要はないんだよとばかりに、一瞬後には跡形もない。なんて思わせぶりな奴なんだ。


ああ、春だなあ。