へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

青の風わたる『岡山・吉備津神社参道』

f:id:tomokusa_mei:20180809203051j:image

桃色の列車に乗って、桃太郎伝説の地を行く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

陽の道

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809203132j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809203145j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809203140j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809203151j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809203155j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809203203j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青の道

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809203207j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809203159j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809203135j:image

青の絨毯をわたって届いた風からは、なぜか潮のかおりがしたーー『津』とつくくらいなので、なにかしら水辺に関係している土地ではあるのだろうが。

 

16時をまわっても日差しは依然きつく、荷物をコインロッカーに預けずに来たことをすこし後悔したーーしかしそれも参道の起点にそびえる鳥居を目にするまでだった。

 

吉備津駅の周辺には山と田んぼが広がるばかりだったが、記憶に焼きつく色彩があったーー数駅手前の市街地では感じなかった風があった。セミの鳴く声がした。

 

踏切へ水路へむかってシャッターを切るうち、額を流れおちる汗へ感じるものが不快ばかりではなくなっていき、予想外にみまわれた旅程が、わたしのために用意されたご褒美かのように思えてくるのだから、現金なものである。

 

稲穂が色づくころの吉備津の風は、どんな香りを運ぶだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 吉備津神社参道

〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*関連記事