へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

偶然とセミと夏の『岡山・吉備津神社』

f:id:tomokusa_mei:20180809201923j:image

ひょんなことから行き当たった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

列車旅は頭をつかう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最寄駅を朝5時に出発、京都で寄り道をしたあと、岡山駅に着いた頃には15時をまわっていた。

 

そこで重大な事実が発覚ーー18切符では特急列車に乗れない……特急『南風』を利用し、実家のある高知県に19時には到着するつもりでいた。

 

「新しい切符の購入が必要になります」

「……いくらになりますか?」

「6,160円ですね。どうなさいますか?」

 

予定の3倍の値段……案内所を一旦あとにし、駅の西側・高速バス乗り場をめざして、駅構内を駆け抜けた。そしてふたたび、非情な宣告を受ける。

 

「直近の2便は満席となっていますので、最終の19時40分発となりますがよろしいですか? こちらもあと2席で満席です」

 

世間は夏休みである。明日からはよさこい祭りがはじまる。本日中に席を確保できただけでよしとすべきだろう……しかし、これから4時間、どう時間を潰すかが問題だ。

 

いっそのこと岡山に1泊? 映画でも見る? スーパー銭湯に寄る手もあるが……ブログ更新でもするか。

 

尻の落ち着く場所を求め、近くのイオンモールを目指すべく、駅・東側の階段を下りきったところで、ふと別の案をひらめいたーーそういえば岡山には、『吉備津神社』があるじゃないか……!

 

吉備津神社の最寄駅・吉備津駅は、岡山駅から片道30分の距離にある。

 

初めて訪れる場所であること、本数の少ないローカル線であることを鑑みると、高速バス発車までの4時間は、余裕があるとは言い難い……。荷物をコインロッカーに預ける間も惜しみ、10番ホームから発車する、総社行の列車に飛びのった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉備津神社 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

f:id:tomokusa_mei:20180809202003j:image

吉備津駅から田園風景を横目に参道を歩くこと10分、吉備津神社に到着。

f:id:tomokusa_mei:20180809202016j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本殿・拝殿

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809202012j:image

⇒ 本殿・拝殿に用いられている全国で唯一の様式は『吉備津造り』とも呼ばれ、国宝に指定されている。

f:id:tomokusa_mei:20180809202024j:image

⇒ 600年前に再建されたままの姿で西日に照らされ、堂々とそびえて立っていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180827213921j:image

f:id:tomokusa_mei:20180827213935j:image

f:id:tomokusa_mei:20180827213929j:image

f:id:tomokusa_mei:20180827213941j:image

f:id:tomokusa_mei:20180827213948j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

廻廊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809202127j:image

境内西側にのびる廻廊は、全長360mに及び、そこここに、ちいさな社が点在する。

f:id:tomokusa_mei:20180809202203j:image

吉備津神社の廻廊に似た場所を知っていたーー以前、夢に出てきたのだ。廻廊の脇にいくつか小部屋がしつらえられ、寺子屋のようなことが行われる場面があった。

f:id:tomokusa_mei:20180827214038j:image

そんなことを思い出しながら廻廊を下っていると、とある碑を見つけて驚いたーー岡山大空襲で焼け落ちた学校の生徒たちが吉備津神社に集められ、この廻廊の階段を教室にみたて、授業を行っていたというーー妙な一致もあったものだ。

f:id:tomokusa_mei:20180809202159j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809202132j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809202150j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809202141j:image

f:id:tomokusa_mei:20180809202146j:image

廻廊から見えた長い石段に興味が湧いた。ひーひー言いながら登りきると、若山宮という素朴な造りのお社に至った。

f:id:tomokusa_mei:20180809202123j:image

手を合わせている、ほんの短い間に蚊の襲来を受け、3か所もかまれた。さらに血を吸わんとする蚊たちをふりはらい、林のなかにつくられた細道を駆け抜け、一童社の脇を抜けて、本殿へもどった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

似たものどおし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809202008j:image

拝殿前の地面にセミが転がっていたーー寿命が近いのだろう。決して本意ではないであろう場所に仕方なくうずくまっている姿が、自分の現状とかさなった。

 

安全な場所へ運んでやろう。わたしが帽子のつばを差し出すと、自分の腕力に自信をもてないといった様子で、そろりそろり、つかまってきた。近くの桜の木まで歩いていき、彼の前に枝をさしだすと、一歩一歩慎重に手足を動かし、危なっかしくぶら下がった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180809202404j:image

吉備津神社については、なんかいいらしい、という程度の、漠然とした印象だけを抱いていた。その存在を思い出したのはほんとうに偶然だった。ここに向かうためだけに岡山旅行を組もうとすることはなかったろうと思うーー旅程が乱れたからこそ、訪れることができた。

 

参道からして光が満ちて、一面の田んぼは見るからに涼しげ、ひと気のない境内にはただ、風がわたっていたーー夏の要素を濃縮した、密な時間が流れていく。

 

吉備津神社では鳴釜神事というものが行われている。

釜に水をはり湯を沸かし釜の上にはセイロがのせてあり、常にそのセイロからは湯気があがっています。(中略)神官が祝詞を奏上するころ、セイロの中で器にいれた玄米を振ります。そうすると鬼の唸るような音が鳴り響き、祝詞奏上し終わるころには音が止みます。

この釜からでる音の大小長短により吉凶禍福を判断しますが、そのお答えについては奉仕した神官も阿曽女も何も言いません。ご自分の心でその音を感じ判断していただきます。

吉備津神社公式サイトより

……いったいどんな音が、空気が、ひとと釜との間に満ちるのだろう。

 

温羅という鬼の存在も初めて知った……岡山、独特な歴史の流れを感じる場所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 吉備津神社

〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津931

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*関連記事