へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

焦燥は緋色に照らされて『熱田神宮・例祭』

f:id:tomokusa_mei:20180625172305j:plain

熱田神宮の例祭に行ってきた、とはいえ、それは2016年、いまのバイト先に勤めはじめてまだ1か月と経っていなかった。

 

「まきわらを見たい!」という好奇心にかられ、仕事終わりに熱田の宮を目指したが、それにしても、まきわらの存在をわたしはどこで聞き知ったのだろう? 道行くひとのうわさ話だったような気もする…… 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例祭(熱田まつり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180625172245j:plain

神宮の恒例祭典・特殊神事のうち、最も重要かつ荘厳な祭典が例祭です。この祭典では、宮司祝詞を奏上し、勅使による御幣物(ごへいもつ)の奉納、御祭文(ごさいもん)の奏上があり、皇室の弥栄・国の平安が祈念されます。 熱田神宮公式HPより

f:id:tomokusa_mei:20170922135834j:plain

東門の献灯まきわら。両親からの言いつけである「お祭りでは神様に手を合わせてから屋台をまわる」を幼い頃より守ってきたのだが、この時ばかりはそうともいかなかったーー駅から門まで、そしてどうやら境内もひとひとひとひと、ひとの山! 黒山のひとだかりとはこのことか……

f:id:tomokusa_mei:20170922134716j:plain

お参りをしにいこうものなら、生きて帰れないような気がした。さいわい、目的のまきわら付近には空きスペースがあったので、日が落ちるまでのんびりまきわらを眺めることができた。

f:id:tomokusa_mei:20170922134727j:plain

燈色のちょうちんは一基につき、全部で377個。上部の柱に月の数の12、半球状の部分に1年の日数・365個をつるしており、1年の無病息災を願う。

f:id:tomokusa_mei:20170922134745j:plain

日が暮れるにつれ、こくこくとまきわらは存在感をましていく。

f:id:tomokusa_mei:20170922135418j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922134807j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922134845j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922135548j:plain

最後には花火をおがむこともできた。

f:id:tomokusa_mei:20170922134914j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922135131j:plain

ポップオーバーという謎の食べ物に遭遇した。正体はカジュアルなシュークリーム。

 

花火が上がる頃には人ごみはピークを迎え、これから祭りを楽しむべくやってきたひと、駅へと家路を急ぐひとで道はすし詰め。皆、いちように殺気立っており、パニックが起こる一歩手前だった。殺伐とした人間の頭上で輝く幻想的なまきわら。また見てみたいけれど、あの人混みを思うと、なかなか決心がつかない……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 熱田神宮

〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*関連記事