へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

幸せに筋をとおしてみる『白山神社・生玉稲荷神社』

f:id:tomokusa_mei:20170922124438j:plain

正月、しかも去年の写真たちなのだけれど、写真の雰囲気が気に入っているので記事にすることにした。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小幡駅前

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922124505j:plain

駅前のサークルKがファミマに統合される前の話。個人的には職業訓練に通いはじめる直前で、体も将来もなにもかもが頼りなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白山神社 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922124516j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922124537j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922124543j:plain

白山神社という名前は名古屋に出てくるまで知らなかった。こちらにはどこかしこにおわす、ごく一般的な神さまなのでしょうが。

 

ご祭神は水の神・ククリヒメ。守山区一体はもともと田畑が広がっていたと人から聞いたことがある。その関係もあって、熱心に祭っていたのだろうか? それとも石川からの移流者が多かったとか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生玉稲荷神社 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922124550j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922124605j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922124619j:plain

生玉稲荷神社は、名古屋市内で一番大きなお稲荷さん。拝殿の裏には奥の院があるが、はじめて訪れたときには威圧感、とでもいうのか、なんだかとってもたまらなくなって参道を逃げ帰った。

 

「なにかあるにちがいない」とネットで情報を集めみると、やはり、見えるひとには奥の院にいかついお狐さまがいらっしゃるのが見えるんだとか(表の拝殿には細面の美人狐)……正体に得心がいくといくぶん恐怖も薄れ、2回目のときには緊張しいしい、やとこさご挨拶できた。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922124648j:plain

意識して神社仏閣に参りはじめて2年以上になる。なにか良いことがあったとき「あのときのおかげだ」と理由づける癖がついた。

 

悪いことが起こると「日頃のおこないがうんたらかんたら」と清水のごとく理由づけができるのに、良い出来事はただの偶然で片付けてしまうひとは多いのではなかろうか?

 

「あれをしたからよいことが起こった」たったこれだけの単純な理屈で、運命の波間で息をつげたような安心感を得られるのだから不思議だ。

 

なにもかもままならないとおもっているひとは神社仏閣を訪れてみるのも一計である。

 

神さま仏さまが助けてくれるかは知らないが、幸福の理由づけをしておくと、気ままに飛び込んでくる幸福をやわらかく受け止めるクッションを心に持つことができる、かもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 白山神社

〒463-0013 愛知県名古屋市守山区小幡中1丁目13−8

 

● 生玉稲荷神社

〒463-0013 愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目13番44号

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

*関連記事