へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

とろとろ、かりぽり『名古屋・覚王山吉芋』

f:id:tomokusa_mei:20180515095325j:image

 " 大学芋のカリカリしたところだけ食べたいひと " に朗報です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

優柔不断なひとはご用心

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180515095347j:image

前回記事のコルネ専門店からほど近いところにある芋菓子専門店『覚王山 吉芳(きちいも)』。

 

芋けんぴ、大学芋、まんじゅうと芋づくし。冬季には焼き芋もあるんだとか。小さなショーケースはさながら芋の見本市である。てらてらと輝く蜜、やわらかそうな卵色の生地。そんなの、全部おいしいに決まってるじゃあないか!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉芋花火 ¥600

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180515095433j:image

とろとろの蜜が、なんとも贅沢な気分にさせてくれる一品。吉芋の一番人気らしいです。かりぽりな歯ごたえは、大学芋の外側そのもの。時おり混じる、芋そのものなふやっとした触感も楽しい。ちなみに上の写真は我慢しきれず、3分の1ほど食べちゃってます。

f:id:tomokusa_mei:20180518175202j:image

手拭いをおもわせる粋な包装紙。味があってよい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回のコルネといい、覚王山は美味しいものの宝庫ーーひきつづき探検せねば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 覚王山吉芋

〒464-0844 愛知県名古屋市千種区日進通5丁目 千種区日進通5丁目2−4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*関連記事