へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

女ひとりで登山する~くだる編~

f:id:tomokusa_mei:20180421211531j:image

前記事のつづき。弥勒山を下山する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下山にいい道

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来た道を引き返すんじゃ面白くないーー別ルートを選択したいが、下手に迷っては危ないと、ここで初めて前記事冒頭に載せたマップを手に入れた。

f:id:tomokusa_mei:20180421211556j:image

14 : 10 下山開始ーー山頂北側の傾斜を下ったのち、看板の『下山に良い下り道』を素直に信じ、最初の分岐を西へ折れた。

f:id:tomokusa_mei:20180421211620j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421211658j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421211716j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421211733j:image

14 : 23 林道終点に出た。道幅が広がり、俄然歩きやすくなる。

f:id:tomokusa_mei:20180421211754j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みろく休憩所

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180421211811j:image

広いテーブル、きれいな展望。軽く登ってお弁当ひろげるのにちょうどいい場所。

f:id:tomokusa_mei:20180421211825j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421211845j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに下る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180421211919j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421211937j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421211952j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212010j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212025j:image

14 : 33 標識23に行き当たる。

f:id:tomokusa_mei:20180421212051j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212108j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212122j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212145j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212227j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212257j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212314j:image

14 : 41 標識20。

f:id:tomokusa_mei:20180421212351j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212411j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212426j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨のなごり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180421212509j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212529j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212546j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212605j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多目的広場へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180421212626j:image

木漏れ日がきもちよさげな道を歩こうと、分岐を右へまがる。これが朝通った道だったとはこの時点では気づかなかった。視点がちょっとずれただけで既視感はなくなる。山では記憶はあてにならない。 

f:id:tomokusa_mei:20180421212642j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212658j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212724j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212740j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212842j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212857j:image

f:id:tomokusa_mei:20180421212909j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180421212930j:image

15 : 00 朝と同じ登山口にもどってきた。行き当たりばったりながら無事に下山できた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしもスマフォの充電が切れたり、圏外であったなら、途中で地図を手には入れられなかったわけである……弥勒山の頂上に立つまで、自分のたどっている道順に自信が持てず、静まり返った森に鳥の声が響く様には美しさとおなじだけ不安も掻き立てられた。

 

さくっとてっぺんまで行けるかと思いきや、あまりのしんどさに、もう無理かもと、立ち止まること数度。自分の体力が、下山までもつのかなんて全く考えてなかった……今回は運がよかったとしか言えません……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 弥勒

〒487-0031 愛知県春日井市廻間町廿原町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*のぼる編はこちら。