へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

春うららな犬山へ自転車で行ってきた。

f:id:tomokusa_mei:20180409080843j:image

名古屋ー犬山間は約25kmーー名鉄小牧線に沿う形でひたすら北へ。

 

往路はゆるいのぼり坂になっており、ふーふー言いながらペダルを踏みふみやとこさ到着。この日は夏かと見紛うほど日差しが強く、黒のパーカーを選択した朝の自分を呪うはめになった……蒸し死ぬかとおもった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 小牧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409083329j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409083405j:image

ちょうど中間地点の小牧駅前にて休憩。マンホールかわいい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 犬山市黒神明町

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409084432j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409084505j:image

県道27号線にかかる橋からの風景を、おもわず立ち止り撮影。かつては川だったのか?

*マップ右下の橋で撮影。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名鉄犬山線と交差する、県道27号線

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409084831j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409084854j:image

ついに犬山ー! 桜の出迎えに興奮。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木曽川犬山緑地

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409085117j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409085143j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409085201j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409085234j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木曽川

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409085722j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409213800j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409085750j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409085942j:image

犬山の観光ポスターなんかで見る限り、木曽川の青、てっきり加工してるのかとおもいきや、ほんとにこの色だった。浅瀬でも底が見えない。水質が特別なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犬山城

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409210851j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409090108j:image

遠景で満足してしまったーー1枚目はライン大橋、2枚目は真下から撮影。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素掘り隧道

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409090440j:image

かつて、名古屋の水源地となっていた木曽川の水門と取水場とを結ぶ管理道路として利用されていた隧道。犬山城の真下にある。6枚目は取水口跡。

f:id:tomokusa_mei:20180409090519j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409090502j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409090616j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409090637j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409090708j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犬山橋〜犬山城

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409090920j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091047j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091144j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091306j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091336j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091603j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091625j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409091838j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211351j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211328j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

針綱神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409211413j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211510j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211549j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211615j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211637j:image

神饌やお酒などをつかさどる神さまが祀られてたので、なかなか位の高い方なのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猿田彦神社三光稲荷神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409211703j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211734j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211757j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211813j:image

お稲荷さまには今回参拝してません。猿田彦神社にはなぜか引き寄せられ、ご挨拶させていただいた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

茶処・甘味処 玉冨久

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409211948j:image

針綱神社前の坂を下ったところにぽつねんとある甘味屋さん。名鉄のキャンペーンとコラボしており、行列にならないまでも賑わっていた 。

f:id:tomokusa_mei:20180409212009j:image

店構えからして、ここは絶対おいしい!と確信。もっちもちの磯辺巻きときな粉餅を飲むようにいただく。

f:id:tomokusa_mei:20180409212025j:image

f:id:tomokusa_mei:20180409211901j:image

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180409230158j:image

平日ながら、城下町は大賑わい。あちこちの飲食店に行列ができていた。

f:id:tomokusa_mei:20180409230040j:image

一本道を外れるとぱったり人通りが途切れるのが不思議で、そこで満開の桜に出会ったりなんかする。贈り物もらったみたいにはしゃいで、iPhone をがしゃがしゃ鳴らし、たちまちフォルダはいっぱいになった。

f:id:tomokusa_mei:20180409230450j:image

50km以上自転車で走ると、夜には足全体がびりびり痺れたーー不思議なことに、筋肉痛にはならなかった。大抵どこにでも止まれ、何より眠気におびえずに遠くへ遠くへ行けること。ペダルを漕いで、道を、風景を更新する。二輪の相棒のおかげで、日に日に安心していくーー " ここ " に立っていることに。

f:id:tomokusa_mei:20180409230802j:image

28歳になっても知らない自分があるとはーー愛知県の全市町村に赴けば、居場所把握欲求は満たされるだろうか?

f:id:tomokusa_mei:20180409230921j:image

とりあえず、たぶん次は南へ走る。