へなちょこフリーター日記

おもしろおかしく生きてきたいね

痛みをとりもどせますように。

 

くうきに とけたところから   しろくなってくように。

 

 

傷を放置してるひとがいた。

 

痛覚が鈍くなってるんだろう。手当すりゃ治りは早かろうに、そんなことに気づけずにいる。

 

「自分のこと、なに大事にしてんだよ」って言われるのが怖くて、自分の傷を後回しにしてきたのだとおもう。

 

 

 

「注意されないように」って守りに入ると、視野が狭くなる。繰り返しの世界から出ていけない。

 

過去の失敗を防ぐことに必死で、刻々と変化する現在に反応できないんだよな。

 

わーかーるーーー。

 

見えてないもんはないも同然だから対処の仕様がないんだけど、見えてる人からしたら「あいつスルーしやがった」ってなる。見えてない人の立場はどんどん悪化。がんばってるのに。

 

 

冒頭の人に接すると、胸がきーとなったり、恥ずかしかったり、やりきれなかったりと、なんとも言えない気持ちにおそわれる。

 

過去のわたしに対面しているようで。

 

「もっと自分を大事にしなよ」

「肩の力抜きなよ」

「怯えなくていいよ」

 

かけたい言葉はたくさんあって、でもどれもおせっかいだよなーとか、立場的な問題もあり、今のところ見守るだけにとどめている。

 

その人の内面がどんな感じなのか、ある程度わかるし、その人を理解し難いとおもう側の気持ちもわかる。

 

両方に余裕がないからこそ、個人の性質に落としどころを見出しているのであって、本当はなんの問題もないのになー、、、

 

 

 

仕事にしろ結婚にしろ、関係を結んだら容易に離れられないの、こわい。

 

「分かり合えないなーっておもったら即離れる」ができたなら、心底他人に腹立てたりしないとおもうんだ。

 

「他人と一定の距離を保持」のフラストレーション半端なくないですか?対人ストレスの要因はほぼこれなのでは?

 

わたしが結婚に乗り気ではないのは、結婚におけるパートナーとの適切距離がある程度決まってるからなのやも ( 近距離の繋がりを他人と維持できるとは到底おもえないよ )。

 

関係性の定義、暗黙マニュアル、みたいなものの存在にいちいち「なんで?」っておもっちゃう。

 

人との距離は日替わり・秒替わり、自分の意思と気分で決めてきたい。

 

 

筋トレ、地味につづいている。

 

今年の二軸を筋トレとブログに定め、ゆるゆると力をつけていけたら…。

 

とっさに思いを伝えるってのが超絶苦手、というかほぼ無理なので、ここで書いたことが巡り巡って必要とする人のところへ届けー!とおもってやっています。

 

 

 

冒頭の人が痛みをとりもどせますように。