へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

光だけがあった『高知県・須崎港』

 

須崎駅ちかくの海を散策。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180126210702j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126210728j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126210806j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126210840j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126210906j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126210947j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126211040j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126211239j:plain

f:id:tomokusa_mei:20180126211311j:plain

小さい砂地にはあおやみどりのガラス石が、たくさん落ちていた。水は澄み、暮れかけの陽はとろんとあたたかかい。

 

ひともさかなもいない港を船がはしるーー現実感がうすまっていく。

 

 20数年住んだ土地でも、知らないことがたくさんある。

 

田舎といってしまえばそれまでだけれど、高知県須崎市、なんもないところが、とてもいい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 須崎港

高知県須崎市港町