へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

無性に食べたくなる『鍋焼きラーメン・まゆみの店』

 

須崎市名物・鍋焼きラーメンを食べてきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まゆみの店

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180123194911j:plain

鍋焼きラーメンのお店は須崎市内に点在している。

 

今回は『まゆみの店』にしてみた。外見・内装ともにちょっと近寄りがたい雰囲気をしているが、店内は若者でにぎわっており、おばさまがさばさば席をすすめてくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鍋焼きラーメン(並) 600円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20180123194947j:plain

火から下ろした直後、ぐつぐつと煮立った土鍋がテーブルへ運ばれてきた。沸騰はなかなかおさまらないが、腹の虫は待ってはくれない。さっそく鍋へ箸をつっこみ、ひき上げた金色の麺をぞぞっとすする。透きとおったスープをレンゲですくい、おそるおそる、口を近づけるーー案の定、舌をヤケドする。……これこれ、このあっついやつが食べたかったんだ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファミレスでの食事を「おいしい」だとすれば、鍋焼きラーメンは「超おいしい」ーー素朴な見た目を裏切らない素朴な味ながら、なんか、おいしい……。

 

醤油でもなく、一般的なラーメンのように脂のうまさでもないーーうまく言葉にできないんだけれど、時々無性に食べたくなる。

 

『まゆみの店』には、キムチ鍋焼きラーメンやカレー鍋焼きラーメン、ゆるきゃらグランプリで1位を獲得したしんじょうくんのコラボ缶バッチがついてくるセット、なんていう変わり種もあった。お腹に余裕があれば、ご飯を頼んで雑炊にしたかった……。 

 

インスタント麺もあるにはあるが、鍋焼きラーメンは店で食べる方が、断然、うまい。高知駅前でも食べられるんで、高知県に立ち寄った際にはぜひに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● まゆみの店

〒785-0016 高知県須崎市栄町10 栄町10−14