職業へなちょこフリーター

”楽に・楽しく” 生きる方法を提案するブログ。

個性とファッションの統一感を、人は「おしゃれ」と呼ぶ。

 

 

ここ最近おなじ話ばかりだけども気にせず書くよい。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファッションは色に似ている。

 

双子にだって個性はあるように、1ミリのずれもなく趣味嗜好が一致する、なんてことはまずもってない。

 

うぐいす色、若草色、浅葱色、モスグリーン、エメラルドグリーン…全部緑色だけど、全部違ってる。

 

黄色の個性の人は、赤より黄色の衣類を選ぶとより自然に見えるだろう(この場合の黄色はものの例えなのでオーラカラーとか肌にあう色とかのは別)。

 

究極、服装がダサかろうが、似合ってなかろうがかまわぬ。内面と外見はちぐはぐしてない方がいい気がするのです。

これまたややこしいのだけど、ちぐはぐしてないとは言え「厳つい顔だけど可愛いものを着たい」を否定するわけでもなく。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話はちょっと変わるのですが、「本当の自分」って一体何なんでしょうね?

 

良かれと思ってやったことが裏目にでた場合、その人は善人なのか悪人なのか?

ネガティブだけどポジティブになろうとしてたら明るい人?暗い人?

 

私は「願望」を判断基準にすることにしました。「〜になりたい」って欲求の中にしか、純粋な自分ってないと思うんです。

 

言葉や行動に現れた時点で、それらは評価対象になってしまいます。自分を含む見る人の脳内で千差万別の価値を与えられ、記憶はだんだん曖昧になっていく。

擦り切っていくばかりだったから、そこに「本当の自分」を見出すのはやめようって、先月あたりに決めたのでした。

 

人間性に触れられる部分って「どうなりたいか」だけかなって。

 

実績だけで判断するなら、一度でも罪を犯した人は一生悪人ってことになる。

法には触れてないにしても、私は過去に何度も過ちを犯していて、それは自己肯定できない理由のひとつでもあった。けれど「償いたい」って気持ちを私ってことにしてもいいかなって。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間不振気味で、人前で感情出せない、時々死にたくなるし、捨てる前提でしか物を買えないし、インテリア・ファッションに個性が反映されてない…これらを「全部ひっくり返したいと思ってる」のが本当の私ってことにしました。

 

体のパーツに合うかどうかはファッションの一観点ではあっても、唯一解ではないのだと思う。

 

「着たい」と思ってるものなら、パーツに合ってなくともなんか知らんが勝手に似合うんじゃないか?「あなたらしいね」って言ってもらえる気がします。

 

個性とファッションの統一感を、人は「おしゃれ」と呼ぶんじゃないか?

(多くの人には当たり前の認識なのやも。私としては世紀の大発見にも匹敵するよ)

 

私みたいに他人の趣味を無意識トレースしちゃってると「着たい」って思ってるものが自分の個性からズレちゃってるんで、そこは厄介ですがね…。

私ほどひどくはなくとも、「女はこれを着るべき」「モテるにはあれ」って風な一般論を自分の好みって誤認識してる人は少なくないとは思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

30年近く生きて(生きたからこそ?)、己の服の趣味さえわからぬ!

似合う似合わない考えてたら、私の場合なんも始まらんですね…着たいか着たくないか、着たいと言ってるのは本当に自分なのか?

 

めんどくせーめんどくせーめんどくせ〜。

 

多少体型に合わずとも着れればいいって考えで、持ち服に合わせて我慢してた部分多々あるなって気がついたよ。道具に使われてどうする。

 

体に入れるものに遣う気を、触れるものにも回そうと思う。

 

衣食住…どれもこれも自信ね〜。