職業へなちょこフリーター

”楽に・楽しく” 生きる方法を提案するブログ。

ブログと夢と過去と生きがい

 

 

アクセス数合計が1000を越えまして嬉しいかぎり。やんややんや〜。

 

 

ブログ休んでる間、脳がここ3ヶ月とは違う風に動いてました。つたないアウトプットながら、日常生活に影響してたのだなー。

 

特に、夢が顕著。ストーリーが凝っている。

「こっから先の話聞きたいなら金払えや!」って怒鳴ったらなぜか好評を博し山中でイベントを開催したり、マンタのキーホルダーを人にあげようとしたら濁流に飲まれて走行中の車に飛び乗ったり、キウイ味のジェラート食べたり、お洒落スカートのウエストがキツくて逃げたり…。

 

半覚醒状態での考え事がけっこう好き。内容は忘れるんだけど、解決したー!って手応えはある。

父との関係性の核心をつく夢をみて、あーそうだったのねーと腑に落ちて、これは覚えといた方がよかろうと、起きぬけでスマフォをタップする。

 

ヒプノセラピーのCDや、寝たまんまヨガのアプリ。そいえば近ごろまったく手をつけてないです。今年の前半まではばんばんお世話になっておった。

 

過去出会った怖いひとに追いかけられたり、首を絞められたりする夢を頻繁に見ていたのですが、それらの対象を論破・殴る・蹴るを経て、怖いひとではなく困ったひととしてこれまでとは違った演出で現れるようになった。

 

ひとを許す、過去を過去にするには、一旦暴力を挟んで肉体的に対象を超越するのが効果的、なんでしょかね?夢だと誰にも迷惑かけずにできて便利〜。

まあ長らく夢でさえ、体が固まったり、泣いてたり、してたんだけど。

 

 

わたしが他人に期待しないのは、期待されるのが怖いから。期待されるのが怖いのは、それにわたしは応えられない(と思ってる)から、だと気づいて、他人の気分はわたしがどうこうできるもんじゃないって事実がとてもしんどい。

しんどがってるのは幼い頃のわたし、なのだよね。

 

何をするにも「みっともない」って声が頭のなかでする。

一体誰が〜と覗いてみれば、ちいちゃい女の子で、その子はわたしを虐めてるつもりはさらさらない。「そんなことしたら誰かにバカにされたり嫌われたりするから、やめといた方がいいよ」って100%親切で「みっともない」って教えてくれてる。

 

小さいながらわたしを守ろうとして、うまくいかなくて、泣いている。守られたかったのはその子自身なのに。

 

 

 

未練、というものがそんなになくて、これは外界との繋がりが薄いから、なんだろか?

 

今の生活そこそこ充足していて、三十路で子供云々というのは理にかなってるなーと思う。

子供とか仕事とか、そういう「〜のため」がないと、快楽のためだけに生きるのはけっこう不安定だ。

わたしの場合、ネコがそういうものに当たるんだろうけど、わたしの生きる糧のために生物を飼うのは抵抗がある。

 

「私のために生きて」って求められるまま他人のために力を発揮できる仕様なら楽なのに、力を注ぐほど死にたくなってしまう人物・対象ってのももちろんあって、根底はやっぱり生きたいからそれに関わるわけにはいかず…。

 

自分で選ぶしかないんだよなー。

めんどくさいめんどくさいめんどくさい。

 

死ぬ以外の道ならどこでもいいのに、他者に選択権委ねると絶対死に導かれるのなんでじゃ?

 

強靭な肉体と精神が欲しかったー。

 

 

 

 

 

 

疲れたから楽しいことしたいけど、疲れててなんもできない日でした。

 

働いたし、ブログ書いたからよし。

 

 

 

明日もますますがんばらぬ〜。