へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

冬の朝日に美しい『東京・浅草寺』

 

2016年12月、夜行バスで東京駅に降り立ったその足で浅草寺へ向かった。

 

浅草寺で散々なおみくじ(凶 + どの項目にも救いがない)を引き、もう二度とおみくじなんて信じない!となってから3年の月日が流れていた。

 

おみくじの内容をなぞるかのように、ほんとうにさんざんな出来事に見舞われ疲れ果てた私は謙虚になることを覚えたのだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浅草寺ってこんな寺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寺伝によると、ご本尊がお姿を現されたのは、飛鳥時代推古天皇36年(628)3月18日の早朝であった。


宮戸川(今の隅田川)のほとりに住む檜前浜成・竹成兄弟が漁をしている最中、投網の中に一躰の像を発見した。仏像のことをよく知らなかった浜成・竹成兄弟は、像を水中に投じ、場所を変えて何度か網を打った。しかしそのたびに尊像が網にかかるばかりで、魚は捕れなかったので兄弟はこの尊像を持ち帰った。


土師中知という土地の長に見てもらうと、聖観世音菩薩の尊像であるとわかった。そして翌19日の朝、里の童子たちが草でつくったお堂に、この観音さまをお祀りした。「御名を称えて一心に願い事をすれば、必ず功徳をお授けくださる仏さまである」と、浜成・竹成兄弟や近隣の人びとに語り聞かせた中知は、やがて私宅を寺に改め、観音さまの礼拝供養に生涯を捧げた。 

浅草寺公式サイト

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝の境内を歩く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昼間は人がごった返す境内も早朝は閑散としている。スカイツリーとの新旧コラボレーションな景色もよい。

 

巨大提灯の底にはかっこいい龍が描かれてる。「金龍山」とある通り、浅草寺では龍に関するものがちょこちょこ見つけられる。

 

浅草寺に伝わる縁起には、観音さま示現の日、一夜にして辺りに千株ほどの松が生じ、3日を過ぎると天から金の鱗をもつ龍が松林の中にくだったと記されている。この瑞祥が、後につけられた山号「金龍山」の由来となった。また現在、浅草寺寺舞として奉演されている「金龍の舞」も、これに因む。 

浅草寺公式サイト

f:id:tomokusa_mei:20170922122205j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122218j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122317j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122346j:plain

だんだん人が増えてくる。

f:id:tomokusa_mei:20170922122410j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122422j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122453j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122514j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122521j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122528j:plain

f:id:tomokusa_mei:20170922122544j:plain

昼座の読経が漏れ聞こえる本堂を抜け、本殿向かって左側の一言不動尊にお礼参りをする。ここには竜神様なども祭られている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御朱印

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御朱印は影向堂で頂ける。ご本尊の御朱印と浅草名所七福神の大黒天さまの御朱印の2種類あり、私は観音さまのものを頂戴した。

 

浅草寺のご本尊は、聖観世音菩薩である。世間の生きとし生けるものの音声を観じ、その苦しみを除かれ、また願いを聴いて安楽を与えてくださる仏さまである。神変自在のお働きを主として「観自在菩薩」とも称されるが、一般的には略して「観音さま」と呼ばれる。観音さまは、十一面、千手、如意輪など、いろいろなお姿に変化するが、聖観音はその基本とされる。 

浅草寺公式サイト

 

2016年2月に訪れた時のものも一緒に。

f:id:tomokusa_mei:20171013140641j:plain

f:id:tomokusa_mei:20171013140651j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浅草寺の近くには、餡子が最高に美味しいたい焼きやあんみつが食べられる「浅草浪花家」もあるし、隅田川沿いを散策するのも楽しい。

 

同じく浅草「Gallery ef(ギャラリーエフ)」の納豆パスタが美味しいらしく、いつか行ってみたいと思っている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 浅草寺

東京都台東区浅草2-3-1

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*関連記事