へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

ちょっと変わったご祭神『安城神社・安城七夕神社』

f:id:tomokusa_mei:20170922120910j:plain

ビーチコーミングを楽しんだ帰りがけ、安城神社を訪れた。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安城神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922120920j:plain

拝殿の奥はガラス張りになっており、そこから差しこむ西日が簡素な神棚に置かれた小ぶりの鏡を照らしていた。私の知ってるその他の神社と雰囲気が違っているなーと思ったのは気のせいではなかった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

祭神 安城在籍存住の戦没者1319柱

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拝殿に掲げられた扁額(寺社名などが掲げられた看板)にも小さく靖国神社宮司とあった通り、人を神様として祭った神社。

 

我が国には今も、死者の御霊を神として祀り崇敬の対象とする文化・伝統が残されています。(中略)今も日本の家庭で祖先の御霊が「家庭の守り神」として大切にされているのは、こうした伝統的な考えが神道の信仰とともに日本人に受け継がれているからです。(中略)靖国神社や全国にある護国神社は、そうした日本固有の文化実例の一つということができるでしょう。  靖国神社HPより

 

靖国系の神社はあまりお目にかからないので異に感じけれど、ご先祖様を祭る文化のひとつとして考えるとなるほど納得。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安城七夕神社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922120924j:plain

拝殿むかって右側には、安城七夕神社がある。七夕と言えば織姫と彦星。祭神は多奈波太神社名古屋市北区)のように天之多奈波太姫命(織姫)だったりするのかなーと思いきや……

 

商店街の“七夕まつりのよりどころ”として昭和35年三重県椿大社の配慮を賜って鎮座しました。正式名称で七夕神社と名乗る神社は、全国でほかに存在しないとのことです。ご祭神は猿田彦大神天宇受売命で、商売繁盛や開運のほか、縁結び、芸能の面でご加護を得られるといわれています。 安城七夕まつりHPより

 

こちらのお二人でございました。さーと調べただけなので断言はできないが、織姫と彦星を二人一緒に祭ってるところは全国見てもないっぽく、祭りの趣旨として片方だけではなんかちがうなあということで猿田彦大神と天宇受売命をお迎えしたのか?

 

織姫と彦星が1年に一度会える日が七夕であって、一緒に祭ってたら七夕いらなくなるしな。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

願いごとの精・きーぼー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:tomokusa_mei:20170922120930j:plain

 見よ。このなんとも言えない表情を。七夕神社の鳥居横にいた。詳細不明。撫でれば願いが叶う、とかなんだろうか?公式サイトで、きーぼーのプロフィールを発見した。

 

名前:きーぼー
職業:願いごとの精
生息場所:七夕神社の森
年齢:人間が生まれる前から存在してる(でもまだ子供らしい)
性別:不明。っていうか性別なんかない?
性格:ぼーっとしてる
好きな食べ物:こんぺいとう  安城七夕祭り公式サイト

 

ぜひ公式サイトで、イラスト化されたきーぼーを見てほしい……みごとに瞳が死んでいる。ゆるキャラとして活躍しているらしい……。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 安城神社・安城七夕神社

愛知県安城市桜町18ー40