へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

腰痛と付き合う

名古屋は雨です!低気圧に体調を左右される方も多いのでは?

 

というわけで、今回は腰痛および体メンテナンスのお話。

f:id:tomokusa_mei:20170831121238j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

10代の半ば、腰痛に悩まされてた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立ち仕事をしていると「ぴきっ!」とわずらわしい痛みが走る。生活に難はないが、とにかくわずらわしい。まだ若いのに、という落ち込みもあった。

 

現在、私は腰の痛みに悩まされていない。腰痛を治すターニングポイントのひとつはとある接骨院の先生との出会い。そこへ通ったのは数回きりで終わったが、その技術は今も、体のメンテナンスを行う際参考にしている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腰痛と病院めぐり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

接骨院、形成外科、針治療。どれも効くような効かないような…。私が感じている「こういう痛み」という表現が伝わってない気がする…。治療後の「どうですか?」に対して「そんなに効いてないような」と伝えると困る先生方に申し訳なく、どこもだんだん通えなくなった。

 

先生は初診の問診時から印象がよかった。こんなに詳しく症状を知ろうとしてくれる先生初めて!といたく感動した。施術も一変通りのメニューをこなすでなく、毎回私の体の具合をよく看てくれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生のやり方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仰向けの状態で膝を立て、それを左と左にぱたんと倒す。どちらの方が倒しやすいかどこが張っていると感じるか。その確認から施術は始まった。痛みを感じることはほとんどなく、こそばいのには困った。「こそばゆいのは凝っているからだよ」と先生。その証拠にほぐし終るとこそばさがマシになった。

 

家でのストレッチも大事、ということで3つほどやり方を教わる。尻の筋肉をほぐすメニュー。このうちのひとつが泣きたくなるほど痛い。誰もいない部屋で「ひ~!!」と悲鳴をあげながら筋を伸ばす。

 

先生は腰自体に施術をほどこすことはあまりなく、脇腹や臀部、手首や太ももをほぐした。全身が緩む。自宅ストレッチであげる悲鳴が小さくなるにつれ、体の調子がよくなった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体の部位は繋がっている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生のところに通わなくなってからも、風呂上りなんかにストレッチは続けた。自分で自分の体をほぐすには工夫が必要。布団の中で仰向けになり、拳を臀部と背筋にあて自重でぐりぐりと刺激。拳がちょっと痛いが私的に一番やりやすい。背筋をほぐすと、背中から腰のラインがすっと緩み楽になる。これをやり始めてから腰痛に悩まされることがぐんと減った。今では全然困ってない。

 

体は繋がっているらしい。背筋や脇腹、その他諸々の張り・凝りのツケを、私の腰は一心に引き受けていたらしい。腰をとんとんしても治らんかったわけである。

 

現在のバイトは重いものを持ち上げることがままある。腹筋で持ち上げるイメージで股を割って腰を落として対応している。今のところ再発の気配はない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

NHKの特番で学んだ知識

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● ヘルニアを含め、腰痛は自然治癒するもの

● 「腰痛は治るもの」というCMを毎日見ると痛みが和らいだと感じる人が多く居た(腰を抱えて痛い、みたいな表現のCMは恐怖を助長させる)

● 「これをやると腰痛が悪化するのでは?」と怯えて外出などを控えていると治りにくい

● 恐怖を克服するため、痛まない程度に腰を反らす運動を定期的に行うといい

 

必要以上に怖がらんほうがいいそう。私も腰痛を抱えてた頃は長いこと立ったり歩いたりヒールを履くのが怖かった。「腰痛」って一般的な言葉なのに治療法となるとどこか曖昧。代々的な治療をせずとも治る、とわかったことが衝撃だった。確かに私も背筋マッサージで良くなった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腰痛治療を肩こりに応用してみた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

肩ががちがちだった時、首の付け根と二の腕、肩関節をほぐしてみた。手の甲や手首の緩みも関係してる気がする。最近はこめかみもほぐす。肩こりにも今ではあんまり悩まされてない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

体って面白い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一部がほぐれると、全然関係ないように見える部位が良くなったりする。

 

自分とゼロ距離なのに、いまだ仕組みを理解できてない。ひせるくらい痛かった臀部やなんちゃって足つぼ、アキレス腱まわりもほぐしているうちに痛くなくなった。何がどこに効いてるのか効いてないやらさっぱりですがね。体は柔らかい方が腰痛・肩こりになりにくいと思います。腱を使った方がエネルギー消費が少なくて済む、とも競歩の選手がラジオで言ってもいました(逆に痩せたい場合なんかは腱を固定して競歩的な運動をするとよい)。手首足首ほぐしといて悪いことはない。

 

 

肩が凝ったり、体がこわばってうまく動かないと嫌だなーと思うと同時に、どこをどうしたら治るかなーって考えるのが最近はけっこう楽しい。

 

 

明日もがんばらぬ~