へなちょこフリーターの悠雅な日常

おもしろおかしく生きてます。ブログタイトルは香月日輪さんの著書から拝借。目標:週休5日。

フリーター、ブログを考える。

ブログ記事の連日投稿からもうすぐ1か月。

f:id:tomokusa_mei:20170903073952j:plain

とあるブロガーさんの「とりあえず3ヶ月続けろ」という助言に素直に従ってみてる。ネタも時間も腐るほどある。いかんせん体力がない。パソコン開きたくないやい!と体に拒否られることがままある。愛知県図書館の記事なんかは最たるもので、選んで寝かしてあった写真データに説明つけただけ。読者のことを考えられてねー。私も楽しくない。「なんのためにブログやってるんじゃろ」考えが煮詰まって寝付けない、なんてことはなくとろり眠りにつく。

 

夢にダンス講師として星野源が現れた。

星野源のことは、本当のファンには怒られるだろうなというレベルにほんのり好き。

私はアイドルグループ?の一員として合宿に参加している。周りは容姿端麗なうえ、どうやらダンス経験者。練習服からしてキマッている。対しての私。色あせくたくたTシャツ+体操着の短パン、しかも最年長っぽい。ワンテンポ遅れながらようよう手足を動かすも、踊りとは言えない有様。みんなは大変そうだけど振付は間違ってなさそう。なんでここにいるんだろ。場違い感が否めない。講師から怒られることを想像し手足が冷たくなってく。

 

有無を言わさず2回目がスタート。なんと星野源が手本を見せてくれている!彼は厳しい表情で誰にも何も言わない。めっちゃこわいやんけ。すぐの上達なんて無理で、どうせ私は選ばれない。そうやってネガティブが鎌首をもたげると同時に、むくむくと湧いてくる別の考えもあった。今、上手いとか下手じゃなくて練習を続けることが大事。辞めなければ今よりは確実に上手に踊れるようになる。星野源が移動してきた。向い合せになった彼に左右を合わせていいのか、彼と逆に踊るのが正解か、もはやわからない。有名人と同じステップを踏んでる!キレキレのダンスを前に、失敗や叱責される怖さを高揚感が上回る。気づけば星野源は歌詞を口ずさみ、なんだか楽しそう。そうだ、これは明るい曲だ。つられて私も笑うと、彼の皮が剥がれて素の笑顔になった、気がした。これだ!目の前がひらける。間違い?ナニソレ?って感じでノリノリに。

星野源「○○さん(私の名前)演技の才能あるね!」

私  「演技じゃなくて、本当に楽しかったんです」

 

…なんで星野源だったんじゃろ。今日の夜、久しぶりに『星野源のANN』聞こう。「今、上手いとか下手じゃなくて練習を続けることが大事。辞めなければ今よりは確実に上手に踊れるようになる」夢の中とはいえ、ネガティブな状況からすーっと抜けられた自分が新鮮で誇らしかった。

 

 

 ブログを毎日アップする=・・・

「ブログで成功する」がコンサートで拍手喝采される、サッカーの試合でゴールを決めることだとしたら、今の「ブログを毎日アップする」は全ての演目を歌いきる、試合時間中走り続けられる基礎体力をつけるトレーニングに当たるのだと思う。

 

体力がついたからってかならずしも活躍できるとは限らない。でも最後の最後の星をつかむには絶対に必要な踏み台を作っているところ。手作りの階段を登ったところで、欲しいものに手が届くのか正直わからん。辛くもなるし、「それ意味あるの?」って笑われたら言い返す自信もない。

 

思ってた星ではなかったとしても、何かしらを手にすることはできる。

 

20年近くもがいてきて、それだけは胸張って言える。不安定でじみーな踏み台からでも景色は美しく、一段のぼるだけでも違って映るものだし。無駄みたいな時間も下の方で確実に私を支えてる。生きてるだけで踏み台は自然につみあがってく。たぶんブログはそれを確認したり、補強する行為なのだろう。なんか、だから、生活もブログも、とりあえずとってもきながーにきながーに積み上げていくことにする。10段ではそんなに変化ないように見えても、1000段、10000段作れたらなんでもない街並みも絶景に変わるでしょう。

 

基礎体力ついたら勝つための戦術に移行しよう。のんびりやる。楽しい日がほとんどだからそれでよし!

 

 

明日もがんばらぬ~。