職業へなちょこフリーター

”楽に・楽しく” 生きる方法を提案するブログ。

フリーター、「努力」を書き換える。

甘味の生成は自炊と呼べるのか?

プリンにするべく南瓜を薄切りにしながら「努力」について考える。

南瓜は切りにくい。手を切らぬよう、用心して作業を進める私は頑張っている?

プリン(まあまあ)、抹茶ミルクゼリー(微妙)、牛乳寒(成功!)を経ても冷めやらぬ冷菓ブーム。過程も楽しいうえ、素朴にうまくて気に入っている。美味しくできるかなーと心躍らせる私に一抹の罪悪感が刺さる。

 

楽しいことを努力とは認めない

ある日の夢。

私は弓道の大会(高校で弓道部だった)で友達Aが弓をかまえる姿を眺めている。「自分は何組目だったっけ?」大会概要をたぐると、友達Aよりも前の組に私の名前が載っている。焦った私は矢を4本揃えようと焦るが、手に取れども取れども短いものばかり。なんとか準備を終え会場に走るも、あと1歩のところでブザーが響く。高校最後の個人戦に出られなかった。

 

顧問の先生「幸せを何が何でも掴みにいこうって気概がないの!?」

私「幸せのために頑張るってどういうことですか?」

 

練習しなきゃとは思っていたけれど、勝ちたいとは1度も考えたことがなかった。矢が足りないとは思っていたが、みんなは買い換えていないものにお金を遣うことが恥ずかしかった。矢を新しくしていれば試合には間に合っていたかもしれない。その考えに至り、やっと涙が出た。

 

先生の表情、板の間の感触、使い古した矢の手触りがいやに生々しかった。ストーリーはむちゃくちゃながら、焦って、恥ずかしくて、悔しくて、情けない気持ちには既視感があった。些細な記憶も、無意識の底に確かに沈んでいる。

 

アルバイトに向かう道すがら、夢を反芻する

練習しなきゃとは思っていたけれど、勝ちたいとは1度も考えたことがなかった "

これは本当にそうで、努力の先で臨んだものが手に入るビジョンをもったこと、たぶんない。私はあの頃、なんのために頑張ってたか。以下、駅のホームで残したメモ。

努力するからには結果を出さねばならぬ

結果を出すには健康体でないと無理

なぜなら無理して我慢して泣いて痛めて罵倒されてはじめてそれを努力と呼ぶから

 

元気のない状態で数十分の言動をしたところで、それは努力とは呼べない、結果になりっこない

 

学生時代、泣きながら頑張っても結果にならなかった。" あれ "を超える頑張りをしなければ、死ぬ気でなければ何も手に入らないと思い込み、吾輩の辞書の「努力」の項目はなんだか悲惨な感じに…。笑えてしまったら努力でない=結果に繋がらないから、「仕事」「責任」と名のつくものの前ではいつも硬い表情をしてきた。そらー苦しいよなー。

 

「幸せを何が何でも掴みにいこうって気概がないの!?」

 

笑いながら働いたって、わくわくすることを「努力」と呼んだっていいじゃーないかー。バイトはめんどくさくって楽しい。かぼちゃプリンまあまあうまくできた。嬉しい。 

f:id:tomokusa_mei:20170816203357j:plain

 

明日もがんばらぬ~。