へなちょこフリーター日記

”楽に・楽しく” 生きるを提案するブログ。

下戸は記憶をなくしてみたい


森見登美彦有頂天家族」に惹かれて赤玉ポートワイン購入。最寄りのスーパーで550ml 498円 。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

有頂天家族

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5年ほど前に友人に借りて読み、アニメをきっかけにこのたび再読。こ、これは、へなちょこフリーターのバイブルやないか!下鴨家の三男・矢三郎( 狸 )のように私もなりたい。


狸にも天狗にも「阿呆」とよばれ、本人もことあるごと「それは阿呆の血のしからしむるところ」と阿呆であることに胸をはり、尻をあたため、面白おかしく生きている。


狸にはなれんし、京都もちと遠い。しかしあの世界を体感してみたい!興奮冷めやらず、作中何度も登場する赤玉ポートワインをおちょこでちびちびやる。口当たりまるっこい。赤玉先生ががばがば飲んじゃうのもうなづける。


ポートワインのポートはポルトガルからきてるらしく、権利関係?で揉めた結果、現在「赤玉スイートワイン」の名に落ち着いたそうな。


矢三郎が、赤玉先生が、弁天が、これを味わってたのかー。私とおんなじ世界軸にキャラクターが生きてる気がしてくる(単純)。


あわせて読んだ森見登美彦の対談集『ぐるぐる問答』の中で「京都が舞台だと不思議なこともなんかありになる」というようなことが度々話題にのぼっていた。狸が人間に化けて暮らすという同じ設定でも『平成たぬき合戦ぽんぽこ』はファンタジーなんだけど、『有頂天家族』はなんかありそう!とおもってしまう。" いま " の話、なんだよなあ。( ちなみに私は「ぽんぽこ」を見ると顔をぐしゃぐしゃにして泣く。やるせなくって )

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

名古屋で狸といえば、東山動植物園!ご飯タイムにクマザサを掻き分けわらわら集まってくる毛玉たちが愛らしい。



明日もがんばらぬ〜。