へなちょこフリーターのわりきらない日々

”楽に・楽しく” 生きる方法を提案するブログ。

名古屋港水族館・写真集5『サカナ』

f:id:tomokusa_mei:20180510084535j:image

名古屋港水族館の南館では日本・深海・赤道・オーストラリアの魚を見ることができる。特に美しいのは赤道の海・サンゴ礁大水槽。無数の魚やエイが自由に泳ぎまわっている。

 

----------------------------------------------------------------

赤道の海

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510084552j:image

右下はヒフキアイゴ、左上は不明。生き物の種類の豊富さに応じて、案内板も設置してくれるといいのになあ…。

f:id:tomokusa_mei:20180510084629j:image

上の写真の中央、青と黒の縞をもつ小さな魚は海の掃除屋・ホンソメワケベラ。子どもの頃からわたしはこれを愛してやまない。

f:id:tomokusa_mei:20180510084614j:image

草食の魚たちがレタスをむしり食っていた。

f:id:tomokusa_mei:20180510084709j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180519125712j:image

マングローブの海コーナーでは、エビの巣を警備するハゼなんかが間近で観察できて楽しい。

 

 

 

----------------------------------------------------------------

まとめ 

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180519125654j:image

生きたサンゴを展示した水槽などもあります。魚を中心にした南館だけでも一個の水族館として十分成り立つくらいの充実した内容。いつも北館の海獣たちに体力を割いてしまいがち。年間パスを買ったことだし、次回は南館をじっくり探検しよかな。

 

名古屋港水族館をまわる際のポイントをまとめてます。こちらもぜひに。

名古屋港水族館・写真集4『ペンギン』

f:id:tomokusa_mei:20180519125615j:image

名古屋港水族館の写真紹介・第4弾『ペンギン』。屋内ではアデリー、ジェンツー、ヒゲ、エンペラーの4種、しおかぜ広場ではケープペンギンを見ることができる。

 

----------------------------------------------------------------

 南極の海

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510084057j:image

陸で立っているペンギンはアデリー。狙ったわけではないが、写真のほとんどはヒゲペンギンです。

f:id:tomokusa_mei:20180510084250j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510084210j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180519125528j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510084132j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510084146j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510084345j:image

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

しおかぜ広場

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180518220730j:plain

新設されたしおかぜ広場でケープペンギンの散歩が行われていた。芝生が広がる場所までけっこう長い距離を歩くつくりになってるみたいです。

 

----------------------------------------------------------------

ペンギンポスト

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180519124418j:image

正面玄関の階段下にあるポスト。つんと上向いたフォルムはなんとも愛らしい。特別な消印がもらえるのか?

 

----------------------------------------------------------------

まとめ 

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510085638j:image

南館・自販機コーナーにある絵画。魚を追うペンギンが日本画調で描かれている。少しわかりにくいところにあるけれど、見てみてほしい。

 

気温、水温、日照時間は南極に合わせているそう。そのためか、水へ飛び込み泳ぎまわるペンギンたちは元気そのもの。動くものを追うペンギンの習性を遊んで学べるおもちゃを置いてるのも面白いです。

 

名古屋港水族館をまわる際のポイントをまとめてます。こちらもぜひに。

名古屋港水族館・写真集3『バンドウイルカ』

f:id:tomokusa_mei:20180519123137j:image

名古屋港水族館・写真紹介・第3弾『バンドウイルカ』。

----------------------------------------------------------------

屋内

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510083647j:image

名古屋港水族館生まれのメスイルカ・ハッピー。

f:id:tomokusa_mei:20180510083636j:plain

1年前は母親のウィニーにつきっきりでしたが、今ではひとり遊びすることも多いんだとか。

 

 

 

----------------------------------------------------------------

 パフォーマンス

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510083747j:image

野生の姿を彷彿とさせる集団ジャンプには魅入らずにはいわれません。

f:id:tomokusa_mei:20180510083804j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510083828j:image

 

 

 

----------------------------------------------------------------

色々なイルカ

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180519122533j:image

イルカモチーフを探すのも楽しい。

f:id:tomokusa_mei:20180510083850j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180519123307j:image

 

----------------------------------------------------------------

まとめ 

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180519123239j:image

わたしが訪れた際には妊娠中だったルルが、17日に無事出産を終えたそうです!一部水槽に覆いがかかっていますが、息継ぎをしに子どもイルカも一緒に水面に現れるのだとか。見に行かねばなるまい!

 

名古屋港水族館をまわる際のポイントをまとめてます。こちらもぜひに。

名古屋港水族館・写真集2『ベルーガ』

f:id:tomokusa_mei:20180510082702j:image

写真紹介・第2弾は『ベルーガ』。現在名古屋港水族館には6頭のベルーガがいる。

 

----------------------------------------------------------------

屋内

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510083456j:image

ベルーガは流氷に覆われた北極圏に生息、そのため白い体をしている。

f:id:tomokusa_mei:20180510083524j:image

 

----------------------------------------------------------------

公開トレーニング

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510082931j:image

ベルーガプールは、野生のベルーガが訪れることもあるカナダ・ハドソン湾を模しているそうだ。

f:id:tomokusa_mei:20180510083206j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082956j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510083056j:image

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

まとめ

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510083131j:plain

しまねのアクアスでバブルリングを吹き出すベルーガに一目惚れした。5年以上前のことだ。勢いで買ったぬいぐるみは今も枕元で変わらず笑んでいる。

 

なぜこんなにも心掴まれるのだろう?トレーニング中、あちこちから漏れる感嘆のため息や「かわいい」という思わず漏れたといった感じの呟き。人間に共通する何かをくすぐる生き物であることは確かだ。イルカほどスタイリッシュに動けるわけじゃないところに庇護欲をくすぐられるんかなあ?

 

名古屋港水族館をまわる際のポイントをまとめてます。こちらもぜひに。

 

名古屋港水族館・写真集1『シャチ』

f:id:tomokusa_mei:20180510081902j:image

名古屋港水族館で撮影した写真を6連続で紹介していく。今回は第1弾の『シャチ』。名古屋港水族館には現在3頭のシャチがいる。唯一のオスであるアースは奥の水槽なので、写真に写っているのはステラとリンの親子です。

 

----------------------------------------------------------------

屋内 

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510082249j:image

ぱっとみ母親のステラ(左)と見分けがつかない大きくなったリンちゃん(右)。

f:id:tomokusa_mei:20180510082121j:image

ジャンプも堂に入ってる。

f:id:tomokusa_mei:20180510082148j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082211j:image

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

屋外

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510082318j:image

写真はすべて母親のステラ。トレーニング中、リンはステラから離れませんでした。

f:id:tomokusa_mei:20180510082339j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082352j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082410j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082437j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082451j:image

 

f:id:tomokusa_mei:20180510082502j:image

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

まとめ 

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180510085535j:image

シャチは日本の近郊にも生息し、過去には堀川を遡上し、熱田神宮の近くまでやってきたこともあったのだとか。

 

母親からミルクをもらっているリン。回数は少なくなったものの、お腹をぼんぼん頭突きして甘える仕草はいまだ健在。あと何年見られるだろうか?

 

お次はベルーガに参ります!

 

名古屋港水族館をまわる際のポイントをまとめました。こちらもぜひに。


 

期待と溝と「もしも」の話

元同窓生の胸ぐらを掴み、わめき散らす夢をみた。

 

----------------------------------------------------------------

世界を把握しきった感があった。

 

子どもの振る舞いをする周囲に、こんなこともわからんのかとため息をついた。

 

頼りがいがあると感じていた冷静な子は、怖がりだっただけだろう。

冷めた目で集団と馴れ合わない様子を、大人っぽいと評したのは私だけじゃあなかったと思う。

 

頼りにしていたのに、子どものように振舞われて、何がなんだかわからなかった。あなたは大人なのに、どうしてこちらの機微を汲み取れないのか?

 

夢の中の彼女は当時と同じ背格好。

あんまりな態度を責めると、つたない言葉で反論をしてきた。

 

 

----------------------------------------------------------------

あの頃、私たちは同い年で、どちらも当然子どもだった。だのに大人びた彼女に見た目どおりの理性的な対応を求めてしまってた。

 

彼女と私はきっと概ね同じ不安を抱えていて、だからお互い背伸びしないで素直に言葉を交わせるとよかった。

 

全部今だからわかること。

 

今更と言ってしまえばそれまでのまさに夢物語。だけど夢でも、あれから10年経ってしまっていても、わかってよかったっておもう。わたしと彼女がおなじ子供で人間だったこと。ひとりじゃなかったこと。

 

ふたりの間に悪意なんてひとつもなかった。好きだったし、自惚れかもだけど、彼女もわたしを好いてくれていた。

 

信じるだけ、認めるだけでよかった。それだけのことが怖かった。怯える幼い自分の背にいまは手を当てて「大丈夫」だと言ってやれる。

 

他人との間に確かなものなんてひとつもない。だけどそれに絶望する必要もないんだ。

 

「そんな曖昧な表現じゃわからない!」

昔の自分にそう言われてしまいそうで、わたしはこうして言葉をずらずら並べたてている。

 

諸行無常こそ真実ならば見たいものをみよう『長母寺・熱田神宮』

f:id:tomokusa_mei:20180510212711j:image

矢田川の南西は東区、北東は守山区。橋から川下を眺めると、上の写真のような風景が広がっている。真ん中あたり、木々の生い茂る場所はが今回の舞台となる木々崎公園。そこにあるお寺と小さな神社のお話です。

 

----------------------------------------------------------------

公園の北へ

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180508110806j:image

遊具の脇を抜け、北西の方角に進むと階段がある。

f:id:tomokusa_mei:20180508110836j:image

左手に鳥居、右手に山門が見えてきた。実はこの神社とお寺、密接に関係しているのですが、そのお話はひとまず置いといて、まずは寺に向かおう。

 

----------------------------------------------------------------

 長母寺

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180508110904j:image

もとは天台宗 桃尾寺として創建されたものが焼失。それを弘長3年(1263年)山田道園坊夫妻が再建し、母の冥福を祈って「霊鷲山 長母寺」と名を改めたそうです。その際、宗派を改め、全国に名を知られた無住国師を招いて住職としました。この無住国師尾張万歳をはじめた人物。

万歳は新春に家々を訪れ祝言を述べる代表的祝福芸で、(中略)、長母寺の無住国師が「法華経万歳」を創始したのが始まりといわれるが、少なくとも室町期には長母寺領であった知多半島に伝わっていたものと考えられる。 文化遺産オンラインより

*万歳は秋のやっとかめ文化祭なんかで見ることができます!

 

後宇多上皇の勅願所(願いを叶えるための場所)となり、足利、織田から寄進を受けもした長母寺でしたが時代を経て徐々に衰退、太閤検地によって寺領を没収され、没落してしまいまいした。

f:id:tomokusa_mei:20180508110927j:image

山門に切りとられた境内はまるで絵画のよう。

f:id:tomokusa_mei:20180508110948j:image

一時は90以上の末社を抱え、栄華を誇った長母寺。静まりかえった境内に当時の面影はまるでない。風景を独り占めできた優越感を、なんとも言えないさみしさが追い越していった。

 

----------------------------------------------------------------

熱田神宮

----------------------------------------------------------------

f:id:tomokusa_mei:20180508111115j:image

岩の上にちょこんと据えられた小さなお社。大木の枝をくぐりぬけて降りそそぐ木漏れ日を浴びて、神さま昼寝でもしとるんじゃなかろうか。なんとも神秘的な雰囲気に空想がはかどる…それにしても、なんでこんなところに熱田さん??

f:id:tomokusa_mei:20180508111426j:image

100年後に仏教が栄える霊地になるであろう御家人であり武士でもあった山田重忠は熱田明神から夢でお告げを受け、のちに長母寺となる桃尾寺を創建した。

 

その後も長母寺と熱田神宮との繋がりは深く、無住国師の在住中は、熱田の神が毎月朔日に国師へ参禅(座禅を組んで修行する)ため、御幸山名古屋市天白区)へおもむいたそうな。寺は熱田明神から5種の霊宝をたまわっており、そのひとつである八重つつじが開山堂の前に現在も残っている。

 

----------------------------------------------------------------

まとめ

----------------------------------------------------------------

夏の土用の入りに長母寺の池で足を洗うと、しもやけ・ヒビにならないという「足洗い」が流行した時期もあったらしく、その日は矢田駅界隈が大変賑わったそうである。

 

賑わってる大通り、閑散とした商店街。目の前にあることは世界のすべてで、これまでもこれからも何も変わらないんだとおもってた。きっと「今」は「今」でしかない。諸行無常こそ真実ならば見たいものをみよう。うつつを抜かすほどのファンタジーは、虚ろな現実にこそ隠れているのだから。

 

*参考にさせていただいたブログ。情報が詳しくて長母寺以外の記事もおもしろい!

いい寺★名古屋・長母寺 | いい町.net

*こちらも参考にしました。矢田川が南へ蛇行していた頃、長母寺は守山側に属していたのです。

守山区の歴史 (名古屋区史シリーズ (12))

守山区の歴史 (名古屋区史シリーズ (12))

 

 

長母寺

〒461-0040 愛知県名古屋市東区矢田3丁目13−71

名鉄瀬戸線 矢田駅から歩いてすぐ